• 2017-11-24

スピランポーンという新たな可能性

/

自分のレベル上げだとどうも続かない周回ですが、さくさく上がるポーンのレベル上げなら何周でも苦にならないマジック


/

さて、この日はすっかり忘れ去られていたセージのジョブ修練をようやく片付けまして
終わった気でいたんですよね!気鋭と精強をLv6にしました

/

そしてその後はモローケイヴァンでいつものレベル上げ
ただしこの日は、いつもはエレアチャポーンを初めてスピリットランサーにして連れてきました
封芽目当てのレベル上げだったのですが

/

侵食モンスターと同時期に実装され、触芽封印に関してはある意味本職とも言えるのではないだろうかという期待が高まるスピリットランサー
よく見ると回復する球を敵に直接ひっ付けていますね!
なるほど、ああして一度良いとこに付ければしばらくは自動的に触芽を封印し続けてくれるという訳ですか
それは便利!

/

突入時はレベル1だったポーンが、一周終わる頃には45になっていました
成長が早くてうらやましい限りですね!
このままポーンのサブ職を上げながら周回するか

/

で、モローケイヴァンで発生するワールドクエスト・「蝕鳥たちの舞」ですが
自分は部屋に入ってまずポーンが飛び出さないよう追従命令を掛けて、少しの間待機します
わんさか出現するスチュパリデスは勝手に感知して入り口まで飛んでくるので、全て掃除しきってからグリフィンとの戦闘を開始していますね

/

グリフィンとの戦闘中に後から後からわいてくる鳥の掃除をしようとすると、気が付かないうちにグリフィンが目の前にいて侵食状態に陥るリスクが高くなってしまったり、覚者が気を付けていても鳥の防御で手一杯なセージポーンが侵食状態になってしまったりします
自分は72防具で装備が十分とはいえないので、準備分の時間が掛かってしまったとしても確実に

/

そういえば侵食と言えば、一つ奇妙なことがありまして
延焼や凍結だとすっ飛んで来て助けてくれるポーンが、侵食の時だけ何故か相当に動きが鈍いんですよね
まだ来ないまだ来ない!とうろうろしている間に、結局最後まで侵食しきるまで放置されてしまう事が度々あります

よほど余裕がない状態なのかと思って探してみたら、ソサポーンは立ち位置を探しているところでうろうろしているだけだったり、エレアチャポーンも同様で暇そうにしていたりと、助けに行きたいのに行けないという状況ではなさそうでした
この野郎、と思ってポーンの眼前まで出向いても助けてくれない事があります
どういうことだ:


/

で、この日はポーン二人分のスピリットランサーを1から60にしまして
覚者のスピランが全然上がっていないので侵狙のジョブ修練は出来ませんが、Lv4でも無いよりはあった方が良いだろう
早速ソサポーンにセットしておきました

/

そしてこのスピリットランサーなのですが
意外に良いなと思ったのは、そこそこ雑魚処理能力があってコア出しも出来るというのが、自分が3人目のポーンにさせたいと思っていたファイターとエレアチャの役割を足して2で割ったような職だということなんですよね

自分のPTは覚者がソーサラーなのでどうしても雑魚の処理が詠唱分時間が掛かってしまい、そこにファイターポーンを入れることで瞬発力を補って来ました
しかし大型戦の時はコア出しが出来る緑職が必要なので、BO周回などの雑魚だけやるパターンか大型連戦かでファイターとエレアチャを使い分けて来たんですよね

今回スピリットランサーの動きを見ていて、いくら赤職ほどの火力がなかったとしてもその辺の雑魚をやるぐらいなら殲滅にさほど支障はないはずなので…それでいてコア出しも出来るなら、結構汎用性があるのでは?と思いました
ただスフィンクスやキメラのようなよく動き回る大型だと、やっぱりコア出しは苦手なんですかね
色んな敵と戦わせて様子を見た方が良さそうか


/

で、ようやっとレベル79になりました
防具が完成しているレベル80まで残り400万EXP…
モローケイヴァンを20周ちょっとか!余裕だな!(白目



おまけ
/

足をぷらぷら
自分のマンドラゴラは姿が変わる様子が全くありません
別にそのままでもいいですけど!
この記事にコメントする
お名前
コメント
パスワード

ツイート

ワイルドハーツ海賊団
©copyright 2018 Roard All Rights Reserved.