忍者ブログ
  • 2011-05-03

そら倉庫とヒコとプロマシア戦!

昨日は月曜でしたが、休みを取ってまだ連休!
とそらがインしてまして
そら倉庫もPMは自分と並んだ様子、次はNM戦だそうで

そら:くろき一人でも倒せる強さなのかな?
そら:だったら ついてく(*゜ー゜)
自分:どうだろう…ww
そら:そうこちゃんは 黒73(*゜ー゜)
自分:急に強くなったり
自分:一人でも行けそうだったり
自分:PMのNMの強さの基準が全然わからん
そら:ためしにいってみるー?
自分:いってみるかーw
そら:ダメな時は 仲良く しぼ~ん でいいじゃん!(*゜ー゜)
自分:当たって砕けてくるかwwww
そら:うふふっ(*゜v゜*)素敵♪



ということで行ってきました!




ブガは固いだけで動きも遅かったので蝉を回すのは楽々でした
ちまちま削って難なく終了

そしてお次はビビキー湾のタコNM
しかしこいつもまた

Rorは、Dalhamを倒した。
そら:よ、、よわかったね(*゜ー゜)
自分:wwww
そら:あるぇ~(*゜ー゜)
自分:いや弱かったww
そら:(*゜ー゜)
自分:しかしナイス【弱体魔法】
そら:きっとトンベリも弱いよわい
そら:ほぉ~
そら:そりゃよかった

手数が多かったもののそらのパライズが効いていたのと自分でも素避け出来たので
こいつも楽々
そしてギルド桟橋へ



トンベリ4体のやつは、そらがエリアチェンジによる方法を探してきたのでそいつを実践
3匹消してしまって残りの1体だけを楽々撃破

そら:なんとまぁアッサリ
自分:ヽ(´ー`)ノ

ということでここまで楽勝で通過!
デルクフのドールNMは何だったのk(ry



で、次のテンゼン戦は時間制限もあってさすがにそら倉庫と自分の2人の火力では押し切れないと思いヒコを待つことに
しかしとりあえずミッションは経験値ロストがないので、それならそれで花鳥風月を見に行こうというそらの魂胆で一度突撃することに
そして昼食のため自分は一旦離席

久々にこらさんがインしていたので挨拶しつつ
そこにヒコもイン

ヒコこらさんだあああああああ
自分:ぶっ
こらさん:こんにちわです~!
そら:ひこたんだああああああああああ
自分:火力ktkr
そら:みんななんてタイミングがいいのっ!(*゜ー゜)
こらさん:LSのテンゼンさんが来ましたw
そら:素敵すぎるっ
そら:うんw
ヒコ:決別の前は終わらせたのか

とヒコが来たので、到着を待ってテンゼン戦に挑むことに
そして

ヒコ:オレのタイミングでいくぜ
自分:うん
そら:はーい



推して参る!
って

ヒコは、祖之太刀・不動を実行。
→Tenzenに、1867ダメージ。
ヒコは、祖之太刀・不動の構え。
ヒコは、祖之太刀・不動を実行。
→Tenzenに、2512ダメージ。

Tenzenの明鏡止水!
Tenzenは、天つ水影流・雪嵐を実行。
→ヒコに、605ダメージ。

ヒコの明鏡止水!
ヒコは、祖之太刀・不動の構え。
技連携・光→Tenzenに、3656ダメージ。
ヒコは、祖之太刀・不動を実行。
→Tenzenに、3597ダメージ。

ヒコは、祖之太刀・不動の構え。
そら:はや
ヒコは、祖之太刀・不動を実行。
→Tenzenに、2466ダメージ。

自分:うへwww
技連携・光→Tenzenに、2761ダメージ。
そら:何もしてないっw
自分:さすがww
そら:タルタルにまじって
そら:ヘタレはひっこめー って打ってたら
そら:おわったっ・・・
ヒコ:勝ったでござる。
自分:www

こっちのござるTUEEEEE
ということで侍対決は不動4発を叩き込んだヒコの勝利www




そして八章!
舞台は遂に




【アル・タユ】!

自分:すごいところだな
そらはRorを見て喜んだ!
自分:異世界感がw
そら:うんうんー
そら:今でもそう感じるー

そして例の世界で見たピンクや水色の蛍光色のMob

自分:アビセアで見たときも異色な奴らだと思ったら
自分:ここの敵だったんだなー
そらはうなずいた。
そら:私は逆に 海にいるものが陸にいるー っておもった(*゜ー゜)
そら:アビセア内でみたとき
自分:なーるほどー
自分:アビセアのが初めてってのが結構あるw
そら:ふむふむ

ミザレオの礼拝堂近くの景色もそうだったけど、最初がアビセアなんで外でオリジナルの方を見ることが逆に新鮮ですww

そして各スイッチを入れにNM3体を倒しながら
フ・ゾイの王宮に突入!

ヒコ:さっきのやつに話しかけてきて
ヒコ:【こっち】
自分:なんか



自分:今のところよくわかってないんだけど
自分:出来てないかm
ヒコ:大丈夫
ヒコ:あれは 扉をあけるためだけのやつだから
自分:ほー
そら:私もわかってなーい(゜ー゜*)・・・

とりあえず分からないままヒコに付いて行って
絡まれたり避けたりしながら進み
同じようなフロアを何回も何回も…

そら:【フ・ゾイの王宮】というより、私にとっては迷宮なんだけど・・
ヒコ:w
ヒコ:まぁ、ここは地図ないときついな
自分:訳が分からないよっ

しかし見破りの敵がまた厄介

ヒコ:もう敵が めんどくさすぎる;
自分:うむー
ヒコ:ワープするまで全部ねかせようか
そら:はーい

しばらく寝かせつつ移動して
NM、Ix'ghrah戦
ヒコは黒からまた忍者に着替え直して
いざバシバシ攻撃するヒコでしたが

Ix'ghrahは、ファイガIIIを唱えた。
Ix'ghrahの魔力の泉!
Rorのシールドバッシュ→Ix'ghrahに、25ダメージ。
Ix'ghrahの詠唱は中断された。
Ix'ghrahは、スタン状態から回復した。
Ix'ghrahは、ファイガIIIを唱えた。
Ix'ghrahのファイガIIIが発動。
→ヒコに、635ダメージ。
→Rorに、518ダメージ。

Ix'ghrahは、ファイガIIIを唱えた。
Ix'ghrahのファイガIIIが発動。
→ヒコに、578ダメージ。
→Rorに、518ダメージ。

Ix'ghrahは、ファイガIIIを唱えた。
RorのケアルIVが発動。
→ヒコのHPが、393回復。

そら:こわ
RorのケアルIIIが発動。
→ヒコのHPが、196回復。

ヒコは、秘を実行。
→Ix'ghrahに、1003ダメージ。

ヒコは、Ix'ghrahを倒した。
自分:ひでーwww

ファイガIII連発www
ヒコが押し切ってとりあえず勝利
すこし離席して戻ってくるとヒコが赤玉状態だったので
戻ってくるまでそらと待ち

Rorはそらに絆創膏を放った。
自分:思いの外顔面だっt
そら:ガムテープ貼られた
Rorはそらに絆創膏を放った。
そら:( `≧3≦)
Rorはそらに絆創膏を放った。

Rorは神聖な雰囲気に包まれた。
Rorは口寄せの術を行った。

そら:やめてww
そら:これ 本当におかしいからっw
自分:www
そらはRorのそばで大笑いを始めた!
Rorは大きく耳をのばした。
Rorは口寄せの術を行った。

そら:へんすぎるっ
自分:うはははww
自分:もんさんが一番上手だw

Rorは大きく耳をのばした。
そら:すっごく怪しいバニーガールみたい・・
自分:もうエル男って時点で
自分:すっごく怪しい を超越してる
そら:やっちゃダメっ
Rorは大きく耳をのばした。

で、この後すぐヒコが戻って来たので
再開
そらにどんどん寝かせてもらって突き進み

ヒコ:Quasilumin ← 【ターゲット】 (J-12) <scall14>
ヒコ:こいつで
ヒコ:地図が もらえる・・・はずッ
Quasilumin:対象者 の 調査終了。
Quasilumin:対象者 は 未登録。軽度 の クリュー分裂症 と
Quasilumin:判定。やや 危険。驕慢 の 悪感情 に 傾く。
Quasilumin:地図 を 参考 にし 医療室 へ 向かえ。
だいじなもの:フ・ゾイの王宮地図を手にいれた!

そら:あ、もらえた!
自分:もらたw
そら:ありがとう!
ヒコ:よかたw
自分:ありーヽ(´ー`)ノ
ヒコ:んじゃ、もどるべー
自分:あいー
そら:はーい

ヒコ:ここの地図は ミッションのついでに取らないと
ヒコ:二度と取りにこないだろうから;
そらはヒコにうなずいた。
自分:www

そして次は各種族によってルートの違う塔へ
まずはヒュームの塔から

ヒコのスリプルIIが発動。
→Aw'ghrahは、睡眠の状態になった!
ヒコは、Aw'zdeiにスリプルを唱えた。
ヒコのスリプルが発動。
→Aw'zdeiは、睡眠の状態になった!
ヒコは、Aw'ghrahにスリプガを唱えた。
ヒコのスリプガが発動。
→Aw'ghrahは、睡眠の状態になった!
→Aw'zdeiは、睡眠の状態になった!
ヒコのバインドが発動。
→Aw'ghrahは、バインドの状態になった!


複数いるであろう場所にはスリプガ入れて闇Mobだったらバインド入れて…ちゃっちゃと処理しながら突き進むヒコ
さすが手際が良いなwww

そしてヒュームの塔のイベントでそらがヴァズの輝きげっと
この後、一回しか調べないままそらもヒコも気付かずに出てきてしまったのでもう一度登り直しのハプニングもあったものの



自分のメアの輝きも手に入れて
4つの台座のNM戦
ヒコは黒からモンクに着替えて

ヒコ:勝てるのかどうか。
ヒコ:微妙。
自分:強いか
ヒコ:うむ たぶん。
ヒコ:75の時でも
ヒコ:一度 全滅しての建て直し作戦が 主流だったからな
自分:ありゃー
ヒコ:この白がいない状況で
ヒコ:どこまでいけるのかどうかw
自分:(ノД`)

75の時の記憶しかないので今のレベルでどうなのか全然分からないというヒコ
とりあえず作戦説明を聞いてヒコと自分とでそれぞれ奥の2体にまず突っ込む



ガ系を唱えるようであれば自分の分はシールドバッシュ、そらはスタンでヒコを援護する作戦だったものの幸い唱えることもないまま倒せてしまい
奥の黒系を片付ければあとは残ったやつを削って

Rorは、Ix'zdeiを倒した。
自分:おーw
ヒコ:余裕だったな
そら:わぉ~
自分:よかったよかったw


そしてイベントはとうとう男神プロマシアの復活へ



そら:おっかなーいヽ(TдT)ノ
自分:ww
ヒコ:どんなだったか 全く思い出せない
そら:男神が復活するシーン・・・
そら:おそろしすぎるっ
Prishe:Ror、下がれ!!!
Tenzen:な、なんということを!?
そら:いやああああああっ!
Nag'molada:(アアア……!!!)
Nag'molada:(これが真実なのかッ……)
Nag'molada:(こんな真実がッ……!
Nag'molada:(こんな真実があるのかッ……!?)
Nag'molada:(……人は……)

自分:何か混じったのだがww
そら:気のせいよ
Nag'molada:(……人は……)
Nag'molada:(……人は……)
Nag'molada:(……人はアアアアァァァ……ッ!)
Selh'teus:言うなッ! ナグモラーダッ!!!
???:そこ に いた の か
ヒコ:フハハハッ!これでこの世界も闇にのみk(ry
???:我か ら 分かた れた 子供た ちよ


略すんなwwwwww




ヒコ:今度こそ 負けるかもだが
自分:なんかもうラスボス臭がすごいです
そら:…o(;-_-;)oドキドキ
ヒコ:1戦目は 大して 強くないと想う
ヒコ:問題は2戦目
ヒコ:回復が かなり弱いんで
ヒコ:がんばっておくれ。
そら:どき。
自分:うむ…


PM最終BC
『暁』


ヒコ:セルテウス・・・すごく・・・全裸です・・・
自分:wwww
そら:(゜ロ゜;)

ちょwwwww



ニーベルン・ヴァレスティ!!(※違います



毎度の事ながらプロV・シェルIVの消費MPが馬鹿にならないので2人分強化しただけでMPかつかつ
バトルフィールドに入って、とりあえずヒーリングで出来るだけ回復しつつ
放っておくとプリッシュが勝手に特攻するそうなのでヘイスト受けたヒコが単身突っ込み

ヒコは、Promathiaを倒した。
そら:はやっ
ヒコ:1回目はよわい
そら:次か~・・
ヒコ:範囲攻撃がないから
自分:ふむ
ヒコが、レッドカレーパンを使用した。
自分:もうちょっとだけ回復してる
ヒコ:おk
ヒコ:いってくるぜ
自分:いってこーい!

ということで1回目は見送って2回目も序盤はヒーリングしてることに
最初から突っ込んでやりたいのも山々ですがこのPT白がいないので
いざという時に回復出来るのは自分だと思って
いたんですが

ヒコの百烈拳!
ヒコの攻撃→Promathiaに、102ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、87ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、150ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、152ダメージ。

Promathiaは、あめのおきてを実行→ヒコに、効果なし。
→そらに、効果なし。

ヒコの攻撃→Promathiaに、107ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、131ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、139ダメージ。


思ったより削りはええwwww
そこでも無双ですかお兄さん!
とここで自分も突っ込んで叩き始めますが
あめのおきてとまぼろしのわkt



回復不可の範囲静寂・アムネジアにインビンシブルとか無茶苦茶だなおい!;;
チャクラを使いつつもHPを確実に減らされていくヒコを見てることしか出来ない!

Rorは、アムネジアの効果がきれた。
Rorの攻撃→Promathiaに、0ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、0ダメージ。
ヒコは、ヒコに空蝉の術:弐を唱えた。
Promathiaの攻撃→ヒコに、308ダメージ。
Rorは、ランパートを実行。
→Rorは、防御力アップの効果。
→ヒコは、防御力アップの効果。

Rorの攻撃→Promathiaに、0ダメージ。
幻影1体がヒコの身替わりとなって攻撃を受けて消えた。
ヒコの攻撃→Promathiaに、0ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、0ダメージ。
Rorの攻撃→Promathiaに、0ダメージ。
ヒコの空蝉の術:弐が発動。
→ヒコは、分身の効果。

ヒコのチャクラ→352HP回復。
そらは、ヒコにケアルIIIを唱えた。
Rorの攻撃→Promathiaに、66ダメージ。
ヒコは、ビクトリースマイトの構え。
ヒコの攻撃→Promathiaに、87ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、88ダメージ。
ヒコは、ビクトリースマイトを実行。
→Promathiaに、1500ダメージ。
そらのケアルIIIが発動。
→ヒコのHPが、209回復。

Rorの攻撃。クリティカル!
→Promathiaに、115ダメージ。
そらの女神の印!
Rorの攻撃→Promathiaに、66ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、88ダメージ。
そらは、ヒコにケアルIIIを唱えた。
Rorは、静寂状態から回復した。
ヒコの攻撃→Promathiaに、89ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、88ダメージ。
Rorは、ヒコにケアルIVを唱えた。
ヒコの攻撃→Promathiaに、87ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、87ダメージ。
そらのケアルIIIが発動。
→ヒコのHPが、418回復。

ヒコの攻撃→Promathiaに、90ダメージ。
ヒコの攻撃→Promathiaに、112ダメージ。

RorのケアルIVが発動。
→ヒコのHPが、393回復。


とにかくアビや魔法が解禁になった時点でどんどん使っていき
そして

ヒコは、ビクトリースマイトの構え。
Promathiaのメテオが発動。
→ヒコに、209ダメージ。
→Selh'teusに、272ダメージ。
→Prisheに、252ダメージ。
→そらに、468ダメージ。
→Rorに、223ダメージ。
Rorのフラッシュが発動。
→Promathiaは、フラッシュの状態になった!

ヒコは、ビクトリースマイトを実行。
→Promathiaに、911ダメージ。

ヒコは、Promathiaを倒した。
自分:うひww
そら:あいたた
ヒコ:きめたった('Д')
自分:ナイスーww
そら:すごいね~

男神プロマシアに勝利!
それから飯時ということもありそらは一旦抜けて



その間に潜在外しは終わっていた【グラウンドストライク】NMをヒコと行って倒しつつ
ミッションを進める面白さに目覚めたので、自国ミッションをとっとと終わらせようとヒコと「聖剣探索」の高僧のカギを取りに行こうとしていたら

そら:そうそう くろき~
自分:はいっ
そら:高僧のカギなら、たるそらが持ってるから、ちびっこ連れて行く よろし(゜ー゜*)
自分:お
自分:そうなのかww
そら:(゜ー゜*)
そら:なんか役にたつときあるかと大事にもってた('ー'*)
自分:そしたらそらにも来て貰おうかーヽ(´ー`)ノ
ヒコ:お んじゃカギ取りなしか
そら:あ、すてたことにするっ
自分:('д')

そら【よくやった!】
ということでそらの高僧のカギでミッションNMへ!



そしてぼこぼこにしてもらって
ランク9に!

そら:おめでとう!
ヒコ:おめー
自分:あと1こかー
そら:10がすぐそこだね!
自分:だにー!

とっとと10にしたいwww
そして次のミッションを受けられるようにすべく土クリを納める作業
そらは睡魔にやられたのでここで落ち
ありがとなー!

自分:【バタリア丘陵】のミッションNMはヒコに頼んで行けそうかなー?
ヒコ:いけるとおもうー
自分:おおーw
自分:じゃさっさと進める
ヒコ:てか、最後までいけるんじゃないかな
自分:マジk



ということでバタリアの孤島へ
ロック鳥NMを倒し
イベをどんどん進めてとうとう最後のBCへ!

ヒコ:さてー がんばんべー
自分:あい!(`・ω・´)
自分:いきまー!
『光の継承者』でバトルフィールドに突入!
現在このエリア内にいるパーティメンバーのうち
自分を含めた6人がバトルフィールドに入れます。
制限時間:30分

ヒコ:2連戦の2戦目に出てくる トリオン王子をころさないようにー
ヒコ:って
ヒコ:あー
自分:う?
ヒコ:そうだった
ヒコ:ミッションだから
ヒコ:BFはクリアしてないと手伝えないんだったww
自分:ぎゃwwww
ヒコ:と、いうことで 【がんばって!】
自分:そっかそういうルールでしたねwww

あっちゃーwww
いくらレベル制限がなくなったと言ってもミッション最後のBCが自分のソロでいけるもんかねww

自分:せっかく来たんだしあがいてはみるが
ヒコ:まぁ、大丈夫だろ、ほんの11体ほど同時に出てくるだけだ
自分その11体が問題なんだよwwwww
ヒコ:いけるいける;
自分:量が多い分弱いといい…な…orz
ヒコ:サポ踊ならなー
自分:サポ踊はいつか上げたいって願望しかない;;

そうだ。踊り子上げよ(ry
しかし今はサポ白なのでそれで【ほんきだせ】!www
って



自分【どこですか?】

あああ大量の敵が無駄にゼロ距離でせまってくるから
獣使いなら誰もがお馴染みのくるくる現象が起こってるwwww
Yukvok of Clan Deathに近づかないとコマンドが実行できない。
とか出て叩けNEEEEEEEEwwwww

Rallbrog of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Rorの攻撃→Yukvok of Clan Deathに、113ダメージ。
Yukvok of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
追加ダメージ→Yukvok of Clan Deathに、62ダメージ。
Worgbut of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Worgbut of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Vangknok of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Worgbut of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Rorの攻撃→Yukvok of Clan Deathに、107ダメージ。
追加ダメージ→Yukvok of Clan Deathに、61ダメージ。

Yukvok of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Rallbrog of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Rallbrog of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Worgbut of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。
Rallbrog of Clan Deathの攻撃→Rorに、0ダメージ。

自分多いわ!wwwww
ヒコ:【がんばって!】

しかし案外やれるもんで、余裕を残し最後の戦車ではのんびりMPまで吸って全快しての2戦目突入

ヒコ:次のはトリオンを うまいこと利用するんだ
自分:ふーむ
ヒコ:ボスをトリオンにまかせて 雑魚をとりあえずやる。
自分:なるほど やってみる
ヒコ:その間 回復わすれんようにー
ヒコ:そいつ バカだから 回復手段もってない;
自分:マジk

ということで今度はトリオン王子とともに、オークボスとその側近2体との戦闘
ヒコの指示でとりあえずボスはトリオンに任せ、右腕に斬りかかる
戦い始めて少し、後ろの様子を見ると
そこにはボスの背後で元気に素振りをするトリオン王子の姿が!


そんなずっと叩いてて、ボスに指一本触れてない自分からタゲを取れないだと…?
と一瞬思ったけどトリオンが死んだら失敗なんだしこのままでよくね?と、三体分のタゲを取ったまま戦闘を続けていたら

Rojgnoj's Left Handは、ファイガIIIを唱えた。

ちょま ガはやめて主にあの王子のためにやめたげて
慌ててターゲットを左腕に変更して叩き始めるも
トリオンがもう瀕死なんですがwwww
お前そんなになるほど何もしてないだろwww

とにかくトリオンへのケアルを開始
というかケアルやめたら王子が死ぬwwと後半はケアルするので忙しくまともに戦えないまま
さらに三体に叩かれまくっているのでさすがに詠唱中断もされてしまい

Rojgnoj's Right HandのストーンIIが発動。
→Rorに、0ダメージ。

トリオンが戦闘不能になったため退出します。
Rorは、レベル制限の効果がきれた。

自分トリオンが完全に足手まといwwwwwww
自分:ダメだこれwww
ヒコ:wwww

これなんて護衛クエwwww
あいつずっと何かしゃべってるだけじゃねーか!www

ということで、サンドミッションクリア済のメンバーを探してリベンジすることとなりましt
サンドリアの跡継ぎは弟でいいよ!!
PR
この記事にコメントする
お名前
コメント
パスワード

ツイート

ワイルドハーツ海賊団
©copyright 2018 Roard All Rights Reserved.