• 2016-10-31

朝練第二弾、天然素材毛玉と前衛トルク-前編



さふさん:このじかんに見慣れたひとがみんなおきてるってすごいな
自分:確かに
さるさん:睡眠時間3時間半ですけど('_')
もなさん:うち5じかn

という訳で、朝6時半です
さふさんが日曜の朝6時に起きている奇跡!



さてこの日は

さふさん:おはようございますー
もなさん:えw
もなさん:まじでw
さふさん:え?
もなさん:さっふんがwwww
もなさん:おwwwきwwwwてwwwwるwww
さふさん:いますげえ寝起きですよ
もなさん:さるさんも今テルきたしw
さふさん:さるさんにも昨日ゆきやんさんからつたえてねっちわれたから
さふさん:定時出勤だそうですっていったです
もなさん:顔洗ったりしといでw
さふさん:いってきたあとなのでだいじょうぶ…w
もなさん:はえええw

といった具合で、アンバス追い込み第二弾です




1章で難易度はとてむず、構成はナシ暗青召風
いい加減慣れたもんでさくっと1分弱でポロッゴを倒しましたら
即テレポデムで【醴泉島】へ飛んでだいじ補充、そして突入の繰り返しです

=== Area: Mhaura ===

自分:ありですー
さふさん:でじょんありがとうですー
さるさん:ありじょん
もなさん:顔もジョイ
さふさん:wwww
ゆきあんさん:(´・ω・`)
さるさん:(*´Д`)
自分:唐突にぶっこんでいく

そして

もなさん:ラムウ履行のあとに
もなさん:えんとぅーむからな
ゆきあんさん:ねかしてやw



自分:おはようポロッゴ
さふさん:かえる
もなさん:寝かしそういういみかw

今日もよくわくポロッゴNM




で、休む間もなく数を稼いでいきまして

ゆきあんさん:マウラもどったらトイレいかせて(´・ω・`)
風さん:いてらー
もなさん:ゆきあん
自分:トイレに行く間もないアンバス朝練
もなさん:隣にネコ用のがあるだr
ゆきあんさん:あかんっyて
さふさん:ハードすぎませんか…
自分:ゆきあんさんは猫だったのか…
ゆきあんさん:(´・ω・`)
さるさん:【なるほど。】




そしてこの朝練を企画したもなさんは自分達と行く以外にもせっせとアンバスに通っていらっしゃいまして
ホールマークやガラントリーで交換出来る換金用素材もとうとう貨幣ぐらいのものになり

もなさん:ヘビィメタルが100個で2万点
もなさん:1000万ギル
さるさん:集めてるから売れない…(吐血
もなさん:ベヤルドが1250個で26500点
もなさん:1000万くらい
さふさん:もうアレキ全部こうかんできるかな
さふさん:まだだな
もなさん:アレキも全部で26500点
自分:全部記憶している金の亡者
さふさん:とてもたすかる

何でも全て交換して売れば6,000万ギルぐらい行くんだとか
アンバスは慣れると良い金策ですね




で、今アンバスでのナイトの仕事というのは恐らく開幕の2~30秒で終わるのかなと
最初のヘイト稼ぎだけですね
自分はサポ剣で上限近くまで一気に引き上げるようにしていたのですが、回数をこなすうちに上限まではさすがにいらないかな?と思って少しずつ手を抜くように
すると…

Bozzetto Necronuraは、クエンチングハンマーの構え。
さふさんは、Bozzetto Necronuraに倒された……。
ゆきあんさんは、Bozzetto Necronuraに倒された……。
さるさんは、Bozzetto Necronuraに倒された……。
風さんは、Bozzetto Necronuraに倒された……。




自分:え
もなさんは、Bozzetto Necronuraに倒された……。
さふさん:うえwww
もなさん:タゲとったわw
さふさん:www
風さん:うほ
もなさん:ごめんw
ゆきあんさん:w

何と暗黒のもなさんが自分からタゲを奪ってしまいました
クエンチングハンマーが発動出来る位置にタゲ持ちがいればもちろんぶっ放すしかない訳で、もなさん目がけてハンマーが炸裂
PTメンバー全員が食らい、自分以外が戦闘不能に

もなさん:でてやりなおしでw
Roardが、デジョンリングを使用した。

そして



さふさん:ころせー

起き上がってしまい、死デジョン希望の毛玉がちょっとシュール


=== Area: Mhaura ===

自分:まぁ確かにヘイト乗せきってないではありましたけど
自分:それでも取るってすごいですね
もなさん:開幕ウチが連携したらダイブ削れるからとおもってやったら
もなさん:タゲきてもーた
もなさん:開幕ウチが連携すると5万くらいけずっちゃう
さるさん:とんでもないな

アビをいくつか温存していたのは醴泉島でメンバーが危なくなった時に使おうかと思っていたからなのですが、それ以前にヘイト稼ぎの手際もゆるくなっていっていましたからね
ヘイトを上限まで一気に持っていくというのは、案外無駄な行為でもないようです



で、だいじ取りでは

=== Area: Reisenjima ===

自分:マウント蜂
さふさん:のりたい
さるさん:つぶれそう
自分:足でひっつかまれる感じだと安定しそう
さるさん:あれか、【タルタル】以外はコルカブ
さふさん:コルカブいいなー
さふさん:ドンキーコングのオウムみたいなかんzに
もなさん:じ って
もなさん:j I でうたね?
自分:自分はj派です
さふさん:たしかにjのがちかいな

もなさん:顔もジョイできないじゃn
さふさん:だから顔もジョイなんだww
自分:意味が分かってなかったのに笑っていた事に今衝撃を受けてる

天然かさふこ





で、朝6時半から続いたアンバスも9時には一旦朝飯休憩
解散はせずにそのまま離席という事で

もなさん:ほんじゃま40分くらい戻り予定でー
さふさん:あいー
ゆきあんさん:あーい
風さん:('◇')ゞ
さるさん:はいさ
自分:k
もなさん:色々してきまー
さふさん:ごはんいてきまーう
さるさん:おなじく 飯に

ちなみにこの会話の数十分ほど前
毛玉とこんなやり取りをしていまして

自分:カレーパン食べたい
さふさんからトレードの申し込みがありました。
トレードが成立しました。

自分:カレーパンもらった
さふさん:かれーぱん
さふさん:あ リアルのほうのかれーぱんか
自分:ですです

レッドカレーパンをログを見ていると普通に食べたくなったナイト
休憩時間を利用して、ちょっくら近くのコンビニに買いに行ったのですが
その30分後


自分:戻りですー
さふさん:おかえりなさーい
ゆきあんさん:おかえりー
風さん:おかえりー
さるさん:おかえりー
自分:最近のコンビニってカレーパン売ってないんですね
もなさん:たぁ
さふさん:ほお
自分:3軒ぐらい回りました
さふさん:あったです?
自分:スーパーでどうにか;
もなさん:パン屋さんいったほうがはやかったんj
さふさん:おお
自分:そうだから
自分:パン屋があるスーパーに

もなさん:棒5D交換しt
自分:贅沢ですね
さふさん:おー
自分:カレーパンうまい;
さふさん:おーw
もなさん:カレーパン食べたくなってきたやんか!
さるさん:すごいな…
自分:超おいしい;

普段食べ物に対しては毎日同じ物を食べても気にならないぐらいこだわりがないので、たまに食べたい物が出来ると探し出しても絶対に食べるタイプ
ただのカレーじゃダメなんですよ、カリもちの食感があってこそのうまさなんですよ;
で、


もなさん:次は12:30目安で

再開です
早速さくさく数戦しますが、だいじ取りに醴泉島へ飛んだところで

ゆきあんさん:風さんあかだm
自分:ありゃ
さふさん:おちちゃった;
さるさん:;
ゆきあんさん:(´・ω・`)
もなさん:やっとPSPできるじかんg
さふさん:PSP
自分:俺の屍を ※最近もなさんがハマっているらしい
さるさん:すこしくらい間あけてもいいんですよ…
さふさん:がんがんいこうぜ?
さるさん:ガンガン逝こうぜ(カエルが
さふさん:げこげこ

で、PSPで手がふさがったもなさんが自分の背中にぴったりストーク
見た目固定していたエブルコートを
/lockstyle off

さるさん:wwww
自分:発射
さふさん:もなさん砲?
もなさん:PSPしてるってば!
さふさん:www
自分:【わかりました。】

二回目はやらなかった




昼前になって、ようやく待ち時間が少しずつ出来はじめました

Roardは口寄せの術を行った。
もなさんは口寄せの術を行った。
もなさんは侍の心意気を背負ってみせた。

『アンバスケード-エキスパート:とてもむずかしい』に進入します。
=== Area: Maquette Abdhaljs-Legion ===

Roardのウンダ!

自分:何事もなかったかのように始まる
さるさん:w
さふさん:すんってはじまる

アンバスが始まれば仕事モード
で、お昼に差し掛かった辺りで


ゆきあんさん:ごめんn 次でちょっとでかけるー(´・ω・`)
もなさん:はああああああああ
自分:いてらですー
さるさん:はい
さふさん:あいー

ゆきあんさんが抜けるにあたり、この日のアンバスはこれでラストという事で
前回より時間は短いですが、それでも朝6時半から昼まで待ちなしでやれれば十分稼げるよな…




さふさん:しょうかんっぽくなった
自分:もやもやしてるとナイトくささが残って困る
さふさん:サモンナイト!!
自分:誰うま

で、ラスト一戦をやって終了です
お疲れさまでした!朝練大変おいしかったです!



そして各々離席して昼飯を食ったり仮眠に当てたり、自分も倉庫整理などをしておりまして
まったりと休日の午後の空気が流れるところに

さふさん:自分はちょとそろそろりせきなので、もどってきたら参加でいいです・・?
ゆきあんさん:もどってきたらいこうかw
さふさん:あい!
自分:倉庫往復してました 戻りです
さふさん:おかえりなさーい!
ゆきあんさん:おかーさふさんかえってきたらトルクとりいきましょうぃ
自分:おー了解です
ゆきあんさん:そのうちもなさんかえってくるだろうしw

この時は話が分かっていなかったのでピンと来ていなかったのですが、なんと自分のトルク取りを手伝って下さるという事で
さふさんが戻ってくるのを待ちながらゆきあんさんとだべっていると、そこに沈黙の【ミスラ】が戻ってきまして

もなさん:ふう
自分:もなさんきた
ゆきあんさん:かえってきあtw
さふさん:おかえりなさーい!
自分:おはようです
さふさん:おはようでうー!
ゆきあんさん:トルクとコラーダとりしようz
もなさん:なんで
もなさん:そんなにウチが寝てたみたいに言うんだ!
自分:実際そうでしょうよ!
さふさん:ほんとは…?
ゆきあんさん:寝てたでしょ(´・ω・`)

※寝てました


ゆきあんさん:コラーダトリガーこないだのあまってた?
もなさん:トリガなんだっけ
さふさん:だるす
もなさん:だっるぅ
さふさん:だるす4個あるのと、だいじもってるです
もなさん:ウチもう箱ないわ
ゆきあんさん:ダルスないなw
自分:6個なら…
もなさん:大事もなし
ゆきあんさん:いけるんちゃう?
もなさん:6戦分か
もなさん:ゴルァーダ取る?
自分:行きたいです
さふさん:あい!
ゆきあんさん:さきいこっかw
自分:お願いします!

という事で、ちょうどゆきあんさんと青の話をしていた事もあって自分のコラーダ取りに連れて行って頂けることに
自分の青はこの間までハゴンデス装備のサルベ回れればいいやレベルの青でしたからね
武器があるはずもなかった!


=== Area: Reisenjima ===



で、コラーダを落とす鉄巨人のIronsideですが

Koru-MoruのファランクスIIが発動。
→さふさんは、ファランクスの効果。

自分:位置取りが…
ゆきあんさん:w
もなさん:いいよてきとうでw
もなさん:どうせ弱点で動けないし
もなさん:~~!【分解】! MBは 【風】【雷】 ~~  <call14>
もなさんは、Ironsideにブリザドを唱えた。
もなさんの震天動地の章!
もなさんは、Ironsideにウォータを唱えた。
ゆきあんさんは、IronsideにサンダーVIを唱えた。

もなさんの震天動地の章!
ゆきあんさんのサンダーVIが発動。
→マジックバースト!Ironsideに、53505ダメージ。
技連携・分解→Ironsideに、1251ダメージ。
もなさんの雷門の計IIが発動。
→マジックバースト!Ironsideに、4758ダメージ。
ゆきあんさんのサンダーVが発動。
→マジックバースト!Ironsideに、16580ダメージ。


構成はナ黒学風です
連携MBでごりごり削っていきまして




Ironsideは、金糸雀を持っていた!
Ironsideは、古い袋【白魂石】を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、古い袋【緑魂石】を持っていた!
Ironsideは、古い袋【黒魂石】を持っていた!

自分:おお…
さふさん:にんじゃー
もなさん:いいよこのぶき
自分:ほー

とりあえず片手刀の方をまずは頂きまして
次の2戦目で


Ironsideは、コラーダを持っていた!
Ironsideは、古い袋【黒魂石】を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、古い袋【白魂石】を持っていた!
Ironsideは、古い袋【緑魂石】を持っていた!
Ironsideは、古い袋【緑魂石】を持っていた!

自分:お!
もなさん:お
さふさん:きたあ!
ゆきあんさん:お
自分:【やったー!!】

コラーダゲット!


ゆきあんさん:おめw
さふさん:おめめです!
自分:ありがとうです!
Roardは、コラーダを手にいれた!
さふさん:もういっぽん?
もなさん:いっとこか
自分:欲しい
ゆきあんさん:でもいいねw
さふさん:だいじこうかんしてくるです
もなさん:コレ終わったらちょっとメリポ消費いこー
さふさん:あいー!
自分:kです
Shiftrix : これ、受け取れ。
だいじなもの:アイアンサイドの大木槌を手にいれた!




で、あと2戦やりまして

Ironsideは、コラーダを持っていた!
Ironsideは、古い袋【緑魂石】を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、緑魂石を持っていた!
Ironsideは、黒魂石を持っていた!
Ironsideは、古い袋【緑魂石】を持っていた!
Ironsideは、古い袋【緑魂石】を持っていた!

もなさん:うし
ゆきあんさん:おー
自分:きたあああ
さふさん:おー!
自分:順調
さふさん:でたあw

片手刀とコラーダの二本目をそれぞれ頂く事が出来ました
ありがとうございました!




で、その後は
上位BFをするのにゆきあんさんのメリポが少々足りないという事で、その辺の豚を狩りまして
75メリポ貯まったところで


=== Area: Sealion's Den ===

もなさん:ピエージェこるもる?
自分:kです
もなさん:あ、
もなさん:くるだた
Roardは、Roardにコルモルを唱えた。
(Koru-Moru) うう……何か用か? ワシは今、モジジちゃんとお弁当の食べさせあいっこを……。
さふさん:サンタ!
Roardは、Roardにクルタダを唱えた。
(Qultada) 綱渡りのような勝負の緊張と高揚……俺はそれが好きなんだ。



という訳で「★畏れよ、我を」とてむず連戦
構成はナ忍白詩・フェイスはコルモルとクルタダです
しかしこのクルタダ、敵を殴りに行くタイプなので範囲技持ちのオメガに突っ込んでいくと

Omegaは、ガイデッドミサイルの構え。
(Qultada) やるじゃねえか……
Omegaは、ガイデッドミサイルを実行。
→Roardに、0ダメージ。。

→Qultadaに、1956ダメージ。
自分:www
さふさん:あれ?
Omegaは、Qultadaを倒した。
もなさん:まぁカオスしてくれたし許すw
自分:最初のカオスさえ決まれば良い枠
ゆきあんさん:離れればいいのに(´・ω・`)

ことこのBFでは特攻して風のように去るコルセア
その次のアルテマ戦でも


ゆきあんさん:どうするwクルダタw
もなさん:よんでw
ゆきあんさんは、ゆきあんさんにクルタダを唱えた。
もなさん:カオス要因

で、ゆきあんさんがアルテマを殴り始めると

Qultadaの攻撃。クリティカル!
→Ultimaに、75ダメージ。

自分:のこのこやってきたぞ
Qultadaのダブルアップ
→カオスロールの合計値が11になった!
→Qultadaにカオスロールの効果。

もなさん:お11だした
ゆきあんさん:(´・ω・`)オバカだよw
さふさん:綱渡りのような緊張と高揚をもとめてるから
さふさん:死ぬかも知れない緊張感をたのしんでる
自分:ロシア人か何かか
Ultimaは、スモークディスチャージャーを実行。
→Roardに、2222ダメージ。

Roardは、Ultimaに倒された……。
さふさん:すあああああ
自分ぎゃーw
ゆきあんさん:いやああああああ
もなさん:バカにしてるからああああ

まさかのナイトが


さふさん:ごめんんn
さふさんは、RoardにプロテスVを唱えた。
もなさん:クルタダの怒り
自分:調子乗って殴り装備のまま戦ってたから
自分:大丈夫;
ゆきあんさん:ww
さふさん:やっぱしろやってるとき喋るとこういうことなるw
ゆきあんさん:ww
もなさん:なるなる
自分:今のは普通にカットしてなかった盾が悪いw
もなさん:フォーカスしたらした相手の装備簡易でみれたらn
さふさん:間に合わせたかったケアル
もなさん:まぁでもなんか
もなさん:普通にロアさんやられてて新鮮だった
自分:普通に死んだ
さふさん:んむ・・
さふさん:見慣れない光景

普通にドジ踏んだナイト




で、連戦していきます

Qultadaのダブルアップ
→カオスロールの合計値が7になった!
→Qultadaにカオスロールの効果。
→もなさんにカオスロールの効果。
→さふさんにカオスロールの効果。
→ゆきあんさんにカオスロールの効果。
→Roardにカオスロールの効果。

Omegaは、ガイデッドミサイルの構え。
(Qultada) やるじゃねえか……
自分:うん
さふさん:あれぇ
もなさん:むしろ
もなさん:回復の手間と余計なロールがこないからこれでいいのかm
自分:サンタなんていらんかったんや;
さふさん:かおすろーるのための




しかし出ないぞセサンスピアス
だんだんとPTメンバーの戦利品に対するリアクションも薄いものになってきた頃

ゆきあんさんは、Ultimaを倒した。
Ultimaは、コンシュムトルクを持っていた!
Ultimaは、ミドリウム鉱を持っていた!
Ultimaは、ターミナルヘルムを持っていた!
Ultimaは、アディカリスを持っていた!
Ultimaは、ダリウム板を持っていた!
Ultimaは、レム物語第六章を持っていた!
Ultimaは、レム物語第七章を持っていた!
Ultimaは、レム物語終章を持っていた!
Ultimaは、小箱【ボウルダー】を持っていた!
Ultimaは、小箱【深成岩】を持っていた!

技連携・光→Ultimaに、2559ダメージ。
バトルフィールドクリアタイム:8分33秒
現在のベストタイム:3分28秒
レム物語終章を4個手にいれた!
小箱【ボウルダー】を手にいれた!
小箱【深成岩】を手にいれた!
Roardは、レベル制限の効果がきれた。

もなさんのロットイン→小箱【ボウルダー】に863pts.
もなさんのロットイン→ダリウム板に682pts.
もなさんのロットイン→アディカリスに177pts.
もなさんのロットイン→ミドリウム鉱に150pts.
Roardのロットイン→小箱【ボウルダー】に778pts.
Roardのロットイン→小箱【深成岩】に475pts.
さふさんのロットイン→小箱【深成岩】に214pts.
さふさんのロットイン→小箱【ボウルダー】に501pts.
ゆきあんさんのロットイン→小箱【深成岩】に263pts.
Roardは、小箱【深成岩】を手にいれた!
ゆきあんさんのロットイン→小箱【ボウルダー】に997pts.
ゆきあんさんは、小箱【ボウルダー】を手にいれた!

Roardが、デジョンリングを使用した。
さふさんが、デジョンリングを使用した。

ゆきあんさんのロットイン→アディカリスに868pts.
ゆきあんさんは、アディカリスを手にいれた!
もなさんは、ミドリウム鉱を手にいれた!
もなさんは、ダリウム板を手にいれた!

ゆきあんさんが、デジョンリングを使用した。

=== Area: Northern San d'Oria ===

Trisvain : そノ
 「ファントムクォーツ」ヲ持ち、
 かノ地に向かうが良イ。
Trisvain : お前ノ願い……
 必ずヤ、成就されるだろウ。
Trisvain : だが、心なきモノ。
 似て非なル、虚構ノひと時……。
 心して挑むことダ。
Trisvain : ……受領しタ。
 受け取るがいイ。
だいじなもの:ファントムクォーツ【畏我】を手にいれた!
ここではホームポイントを利用して、
戦闘不能時の帰って来る位置の設定や




ゆきあんさんいい加減に出せやああああああああああああああああああ
自分:www
さふさん:一瞬もなさんかとおもったww

ゆきあんさんでもいきなり叫ぶレベル




出すまでやろうセサンスピアス
ここでもなさんが詩人からコルセアに着替えてきまして

自分:クルタダとウルミア交代らしいです!
(Qultada) よし、ずらかるぞ!
自分:ずらかった
さふさん:ずらかった
もなさん:そいつクビだtt
ゆきあんさんは、ゆきあんさんにウルミアを唱えた。
(Ulmia) いくどとなく起きた炎が、いくどとなく人の歴史を焼き払っても、決して失われないものがあります。

前線に出過ぎてとうとうクビにされるコルセア
今度のコルセアは大丈夫だろう、そう思っていたら



自分:やってる事がクルタダと同じなんですがそれは
ゆきあんさん:wwww
さふさん:ww

何故コルセアは前に出たがるのか



しかしこのコルセアのクルタダと違うところはサムライロールも回してくれるところ!
さくさくWSを回してスピードアップです
そして遂に

ゆきあんさんは、Ultimaを倒した。
Ultimaは、セサンスピアスを持っていた!
Ultimaは、チタン鉱を持っていた!
Ultimaは、ダマスクインゴットを持っていた!
Ultimaは、レム物語第八章を持っていた!
Ultimaは、レム物語第六章を持っていた!
Ultimaは、レム物語第七章を持っていた!
Ultimaは、大箱【深成岩】を持っていた!
Ultimaは、小箱【ボウルダー】を持っていた!

自分:お
もなさん:うおおおお
さふさん:きたあ!

ようやくセサンスピアスが

ゆきあんさん北アああああああああああああああああああああああああああ
さふさん:ゆきあんさんが・・w
自分:ゆきあんさんが一番喜んでる;;

いちいち新鮮なゆきあんさん


もなさん:ろあさんとさっふんで勝負してぇ
Roardのロットイン→セサンスピアスに163pts.
Roardは、セサンスピアスを手にいれた!

さふさん:おめです!
ゆきあんさん:おめw
自分:ありがとうです!
自分:別に遠慮しなくても…
もなさん:@1だね
自分:ですね
ゆきあんさん:うむ
さふさん:えんりょはしてないですよ!
もなさん:このままだしちゃおう




という事で、今度はさふさんの分のセサンスピアスです
このBFはオメガ戦とアルテマ戦とで二部構成になっていますが、一番面倒なのがヘイトリセット連発のオメガですよね!
時間を掛けずにとっとと削って倒してしまいたいところなので、

もなさん:さっふんディア21回おねがい
Roardは、サベッジブレードを実行。
→Omegaに、2603ダメージ。

ゆきあんさんは、ゆきあんさんに空蝉の術:参を唱えた。
さふさんのディアが発動。
→Omegaに、0ダメージ。

もなさん:2な
さふさん:2

これを聞いたさふさんの口から、次の瞬間とんでもない台詞が飛び出す


さふさん:21回うたないといって
ゆきあんさん:wwwwww
さふさん:21回うたないといけないのかと
ゆきあんさん:ふいたw
自分:まさか本当にそっちで読むとは;;
Omegaは、パイルピッチを実行。
→Roardに、458ダメージ。

もなさんは、Omegaに倒された……。
Omegaは、ハイパーパルスを実行。
→Roardに、177ダメージ。

→ゆきあんさんに、1563ダメージ。
もなさんやるじゃねぇか…
自分:wwww
Roardの挑発→Omega。
さふさん:wwwwww
Omegaは、パイルピッチを実行。
→Roardに、418ダメージ。

ゆきあんさん:ww

そして何故かここから一気に崩れ出す
腹筋をかばうので精一杯の面々をパイルピッチ連打モードが襲う!


Omegaは、パイルピッチを実行。
→ゆきあんさんに、1340ダメージ。

さふさんは、Omegaに倒された……。
さふさん:wwww
Omegaは、ディスチャージャーの構え。
RoardのケアルIVが発動。
→RoardのHPが、718回復。

ゆきあんさん:おほw
Roardのフィールティ!
さふさん:いってぇ
Omegaの攻撃→もなさんに、831ダメージ。
もなさんは、Omegaに倒された……。
Omegaは、パイルピッチを実行。
→Roardに、759ダメージ。

ゆきあんさんの挑発→Omega。


で、何とか倒す



自分:全然笑ってる場合じゃなかった;
もなさん:www
さふさん:手叩いて笑ってた
ゆきあんさん:w
自分:21回は卑怯;
もなさん:('Д')
ゆきあんさん:ねw



さふさん連打しなきゃ…マクロないしどうしようって
ゆきあんさん:wwww
自分:待てこれ以上わらわすな;;

毛玉マジ天然兵器




で、これがメリポ的にもラストの一戦だったのですが残念ながらヘルムでした
また行きましょう!
今度は笑い死に【気を付けてください。】



後編につづく

えびあん

寝る前に読んだらいけない記事だった

Roard

えびあんさんこんにちは!

寝る前もダメだし戦闘中もダメなやつでしたよ!

いつもコメントありがとうございます!

  • 2016/11/07(Mon.)

さふ

こんばんわぁ。
これ21回打ったらなんかギミック解除でもされるのかなって思って本気でやらなきゃ…ってなってました。
たぶん朝早かったからですね…

Roard

変なギミックでも仕掛けてあるのだろうと疑ってしまうのはアンバスの影響ですかね!
あれは笑わせてもらいました。腹筋はおろか背中まで痛くなってしまった;

  • 2016/11/07(Mon.)

えびあん

早朝さふさん達と遊びたい一心でレベル上げ
あれやね前のキャラのが残ってるから
フレンド登録できないぽおい

Roard

あー、同じ名前のが登録されているから出来ないんですかね?
さふさんに教えてもらって、前のえびあんさんのフレンドのデータを削除しました。
また改めて登録をさせて下さいね!

  • 2016/11/07(Mon.)
この記事にコメントする
お名前
コメント
パスワード

ツイート

ワイルドハーツ海賊団
©copyright 2018 Roard All Rights Reserved.