忍者ブログ
  • 2019-07-16

【Fallout 4】ミニガンをぶっ放せ!レイダー集団・デスクロー戦



キャラバンとの出会い。
レッドロケット・トラックストップを当面の拠点とすることにしまして、今回はその隣にあるコンコードへ向かいます。
そこでは逃げ延びた人々で構成された小さなキャラバンがレイダーの襲撃を受けており、主人公は建物内に保管されていたパワーアーマーでレイダー集団を撃退することに。



こちらがそのパワーアーマーです。
フュージョンコアと呼ばれる燃料を動力としており、これを着て戦うともちろん生身に比べてパワーも防御力も格段に上がります。
ただし前述したように燃料があってようやく動くものなので、その辺りに注意ですね!



一人称視点が格好良い!



ついこの間までちょっとでかいネズミを追い払うぐらいして来なかった主人公が翌日にはミニガンでレイダー連中を片っ端から粉々にしているのがFalloutというゲームです。
早速どちらが悪役なのか分かりませんが、



ただ黙って無双させてくれる訳ではない辺りもこのゲームらしいところ。デスクローという強力なMobが乱入し、まさかの初ゲームオーバーです。
どう見ても序盤に登場していいMobには見えないのでやり過ごす系のイベントかと思ったのですが、ちゃんと倒さないといけないようで…。



一度戦闘不能になった後は、その辺の建物に籠城し室内から撃ちまくって安全にクリアです。
プレイヤーが中に籠もりきりだとどこかに姿を消してしまうので、たまに外に出ては挑発して呼び込んでいました。ちょっとスリリング!
そして戦闘パートが終了したら、大量の戦利品を引きずりながらキャラバンの一行と共にサンクチュアリへと移動しまして…。



そしてここで家事ロボット・コズワースがコンパニオンとして開放されるので、犬のドッグミートと交代してもらいました。
仕草が愛らしいドッグミートは多くのプレイヤーに愛されているコンパニオンらしいのですが、建物に潜入すれば敵のいる方向から突然飛び出しては脅かされ、待機状態では「グフッ、ブフッ」とMobの鳴き声にも聞こえる紛らわしい鼻息に脅かされ、一緒に連れていて全然落ち着けないので置いて行くことにしました。



まぁ、猫派だし…。



ダイアモンドシティ


で、メインクエストを追って次の街はダイアモンドシティです。
しかしここまで来るのに大変な道のりでした…。Lv5だったので基本的にエンカウントするたびに逃げ回っていたのですが、スーパーミュータントの集団に終われて逃げた先にヤオ・グアイが待ち受けていたりと、飛んだドタバタコメディでしたね!
しかし、一度街を発見してしまえば次回からはどこからでもFS(ファストトラベル)でワープが可能なので、これで一安心!



そしてここはちゃんとした居住地なので、置いてあるものはほとんどが他人の所有物です。
今までは正真正銘「落とし物」だったのでプレイヤーが拾っても誰にも文句は言われなかったのですが、他人の所有物を許可なく懐にしまえばそれは犯罪です。
普通のゲームならほとんど全てのアイテムはプレイヤーのものですが、こうしたリアルな作りもFalloutシリーズの魅力ですね!



ここダイアモンドシティでは謎の誘拐事件が多発しており、そのどれもが未解決。
彼らの話によると事件には「インスティチュート」という謎の組織が関わっており、元から居る住民に成り代わって人造人間が生活していると言われていて、家族や親しい友人でさえ本物なのかが分からないという疑心暗鬼に取り憑かれているようです。



そんなダイアモンドシティの状況を垣間見ることが出来るイベントも。
Falloutではイベントは気が付いたらその辺で始まっているものなので、野次馬のように見に行きます。これもちょっとリアルでいいですね!
放射能の治療が出来る場所を確保することが出来たので、次回は武器の強化もしてみたいと思います。早くまともに戦えるようにしなければ!
PR
この記事にコメントする
お名前
コメント
パスワード

ツイート

ワイルドハーツ海賊団
©copyright 2018 Roard All Rights Reserved.