• 2018-08-22

キリンです

/

いよいよ火山エリアへ
大型モンスターも少しずつ手強くなってきましたね



/

さて、MHWと言いますと上位に突入しまして
段々とシステムに慣れて来たので積極的に環境利用しています
画像はテトルー族による大ツタ捕縛ですね
いつでもどこでも出来ることではないので多少運が絡むのですが、成功するとたくさんのテトルー達がぎゃーぎゃー言いながら必死にモンスターを押さえつける様子を堪能することが出来ます
戦闘に集中出来ねえ!!

/

そしてMHWでは環境生物といって小型モンスターというほどでもない、今までなら背景の一部になっていたような動物達も捕獲してマイハウスに連れ帰ることが出来るようになりました
ハンターが狩った獲物のおこぼれに預かる黒い鳥、こちらはニクイドリです

/

どこからともなく現れては群がる様子が不気味ですが、でも自然的ですよね
MHWを始めて、良いなぁと思った演出のひとつです



で、夜はあべるさんとマルチプレイです

/

あべるさん:早速行ってみるか
自分:今日は落ちませんように!!
あべるさん:あははは
今日こそ捕獲するぜ

/

と言いますのも、この日の前日にもあべるさんと遊んでいたのですが事あるごとにマルチが切れてまともに遊べる状態ではなかったんですよね
どうも現在、Steam版のMHWでこうした状態が頻発しており改善が待たれるところらしいです
クエが盛り上がってきたところでPTが強制解散になるとさすがに萎えるんだよな;

/

という訳で、この日は前の日に途中でお開きとなってしまったオドガロンの捕獲クエストからです
早速オドガロンとラドバルキンが喧嘩していますね
こうなると無理矢理割って入るというのは怪我の元なので見守るしかありません
ただ、たまに思い出したように二頭揃って襲ってくんなし!!

/

まぁオドガロンはハンマー的には怖い相手じゃないんですよ
自分がころころ転がって機動性がある武器なので、動きが速いモンスター相手は強いです
チャアク修行中のあべるさんにとってはあまり好きじゃない相手のようでした

あべるさん:この属性きらいだ ※裂傷
自分:しゃがんで数秒待つと治るらしい
そうでなければアステラジャーキーってアイテムで治る
あべるさん:そうなのか!
自分:これこれ
もってけー

自分:受け取れwww
あべるさんにアステラジャーキーを渡そうとするも気付いてもらえないハンターの図
MHWのチャットはどうも気付きにくいというか、まぁこの時あべるさんは逃げるオドガロンの尻しか見ていなかったので無理もない


で、次の相手は

あべるさん:初キリンだわ
/

ということで、MHWでは初めてのキリン戦です
今作の大型モンスターは直角の壁も平気で登ります
それはキリンも例外ではなく…

あべるさん:よく登ったなキリン
自分:まぁヤギも高いところ得意だっていうしな
今作のハンター、卵持ったままツタ登るから
よっぽど芸達者だぞ
あべるさん:うむ

ハンターもモンスターもたくましい世界


そしてMHW初めてのキリンはというと
前作ではハンマーのカモといった具合でころんころんと右に左に転ばすのが楽しい相手だったのですが

自分:キリンかっこよすぎない?;
あべるさん:うん
後ろ蹴りとかするし
自分:なんだあの範囲攻撃


/

キリンの周囲に落雷が落ちるお馴染みの攻撃はもちろんのこと、今作はフィールド上に複数の雷が這う新たな攻撃パターンが追加されました
一応予告があってきちんと見ていれば避けられるので、理不尽さもなく面白いですね

/

そして乗り!!
一種の夢ですよ!この画像が撮りたくて乗り攻撃をさぼる程度には嬉しかったです
いやぁまさかキリンに跨がる日が来るとは…


で、順調に削りまして
モンスターはある程度戦うと別の場所へ移動します
それを追いかけてツタの壁をよじ登るあべるさんでしたが

あべるさん:ロアさん使い慣れてるなぁ~!
自分:うひひ

/

この時あべるさんが言っていたのはこのターザンのことですね
大抵こういった壁のある場所には楔虫というギミックがあって、それを自分でスリンガーで狙うとロープを引っかけて壁登りをショートカットすることが出来ます
必須じゃないんですが、日頃から使って練習しておくと移動が楽になって良いですね

/

そして追い詰めた先で戦闘再開
自分はともかくあべるさんは慣れない武器ですからね
それなりに苦戦しているようです
するとここでようやく

自分:しゃあああ
/

角を折ることが出来ました!
新しい攻撃パターンの動きを観察するのに集中していてなかなか狙うことが出来ませんでしたが、何とかハンマーとしての仕事はこなしたか
いい加減キリンの体力も限界に近付いており、あべるさんを2乙目にしたところで休憩です

/

自分:まってる
あべるさん:すまぬ

あべるさんが戻ってくる前に倒してしまうと剥ぎ取りが出来ないので、到着を待ちます
そして合流したところでいざラストスパート!
と、なったのですが…


/

最後の最後でキリンが根性を見せ、あべるさん無念の3乙
あと少しだったんだけどなー、惜しかった!

/

しかしこの哀愁漂うポーズがまた笑いを誘いますね
補足しておくと、あべるさんは慣れない武器でしかも上位に上がりたてで恐らく爪護符の類いもまだ持っていないので、3乙はやむなしだったかと思います
とはいえ本人としてはやっぱり悔しい

あべるさん:くやしい!!
自分:いやー強かったww
さすがのキリン様

あべるさん:ま、いい時間だからリベンジは次回か
自分:でもあと少しだったし
やれるやれる
あべるさんは慣れないチャアクだったしな
あべるさん:うむ!あとは距離感がつかめたら
もう少し打撃与えられるんだけどな
自分:いけるw
あべるさん:ありり^^

一度負けた相手に勝つのがまた楽しい訳ですからね
じっくり遊んでいこうぜ、ということでまた次回です
おつかれさん!
この記事にコメントする
お名前
コメント
パスワード

ツイート

ワイルドハーツ海賊団
©copyright 2018 Roard All Rights Reserved.