• 2018-12-27

三度目の正直!?ベヒーモス・3日目



いい加減慣れてきたか?


さて、この日は



あべるさん:今日こそブッ飛ばすか!
自分:準備万端だぜ!

前回・前々回と、未だクリア出来ていない手負いベヒーモス討滅戦です
この日の為に、自分なりに考えた装備を作成して待っていました!


(あまり参考にならない)対ベヒーモス用ハンマー


発動スキル(※勝手に付いてきたスキルは省いています)
・広域化Lv5
・気絶耐性Lv3
・弱点特効Lv3
・フルチャージLv3
・回避距離UPLv3
・早食いLv3
・整備Lv3
・耐震Lv2
・体力増強Lv2
・業物/弾丸節約Lv1

装備
武器:エンプレスメイス・冥灯
頭:エンプレスセクターα
胴:エンプレスメイルβ
腕:エンプレスアームβ
腰:エンプレスコイルα
脚:エンプレスグリーヴβ
護石:耐絶の護石III
装飾品:耐震珠*2/跳躍珠*1/早食珠*3/友愛珠*3/痛撃珠*3/無傷珠*1

元あった火力スキルを削って大分生存スキルに振りました
特に今回初めて採用した広域化と早食いに関しては、自分達はタンクを使わない遊撃主体の戦い方なので無理してヒーラーを用意する必要はないと思ったのですが、少しでもお互いの生存率を上げられるならと試しに挑戦してみることに
ただ、これで削りがおろそかになってタイムアップというオチになると笑えないですね…




とにもかくにも、何が自分達に合ったやり方であるかはまだ試行錯誤の段階
何でも片っ端からやって試してみるとしましょう!

で、この日最初の一戦目は…



前回に引き続いて、敵視を取らないことで大量に発生するミールストームは自分が閃光弾で止めていきます
その上でアタッカーとして殴って削り、更にあべるさんの体力も見ながら広域で回復していく!
そうです、これはくそ忙しい!!



それでもどうにか最後の寝床まで連れていきまして
しかしエリア9もそうですが、ヒーラーの真似事をしながら全てのミールストームに閃光弾を使っていると殴る暇がなかなかありません
やっと殴りに行けたと思ったら回転アタックやめろ;



結局この回はどうなったのかというと、3乙して終了でした
しかもエクリプスメテオとは関係ない戦闘不能を繰り返してですね!エンジンが掛かっていなかったというか、どこか注意散漫だったような気がします

あべるさん:ごめん!被弾しすぎた
自分:いや自分も調子が出てなかったww
まぁまぁ
準備運動は必要だろ?
あべるさん:でも、行けそうだね

自分:不思議と
勝てるかも!って今の状態の方が
気持ちがはやって動きが雑になって
しまっているのかもな
あべるさん:かもね!^^;
自分:余裕あるのにエクリプスと関係ない技で
死んでんだもんなぁww
落ち着いていこう
あべるさん:あはは^^
だな



しかし当初の問題だったエクリプスメテオの回避は大分安定してきたように思います
ジャンプなんて練習どころかほとんど試したことがないので極力使わない方針で、コメットは中央付近にはなるべく置かせないようにして、3発降って来たらつかず離れずの距離を保ちつつ、常に位置を確認しながらいつでも飛び込めるようにしています
確実にクリアに近付いているんだ、あと少し!



そして遂にその時が訪れます



この日の2戦目は、自分達コンビだと珍しいパターンで部位破壊に失敗した回でした
ほとんど経験していない溶岩エリアでのベヒとの戦闘に悪戦苦闘しつつ、それもあってどこか次の戦闘に期待していたのかちんたらチャットしつつのアイテム補充
いや、実際ミールストームを封じながら吹き出す溶岩に打ち上げられて、ここでの戦闘はかなりやりづらいのでなるべく避けたいところです

それでも次々と装衣を取っ替えながら、バフアイテムを飲みつつ最後の最後までベヒの後ろ足に食らい付き続けまして
ベヒに壁際や外周のマグマ付近まで行かれると閃光弾が届かなくなる恐れがあるので、状況を見てオトモを広場の中心に呼び戻しつつ
避けられる攻撃は避ける!とにかく真剣モードで一発でも多く攻撃を叩き込む!

そして…






ででででーでーでー(ファンファーレ



(一人だけスッキリしていないけど)クエストクリア!!


自分:最後メテオが落ちる場所勘違いしてたわ
あべるさん:あははは^^
自分:赤くてわかりづらかった;
あべるさん:うん^^;
自分:クリア出来たけど
避けられるメテオを避けられなかったのが
くそー消化不良www

自分でも信じられないことですが、今までの戦闘ではちゃんとエクリプスメテオが落ちてくる寸前まで落下地点を確認していたのを、今回に限っておろそかにしてしまいました
「ようやくクリア出来る!」という安心だか慢心だか知りませんがこんなミスは二度と無いのでもうこの話はいいですね!?(赤面)



あべるさん:でも、地獄ルートで良く勝てたわ!^^;
自分:それなw
余裕が出てきたら
討伐とは別に部位破壊だけも行こう
あべるさん:おk
自分:尻尾とか切らないといけないし
特に爪は一番大変らしいから
あべるさん:尻尾きれるのかよ
自分:なんと切れる。
でも二人だけだから、
部位破壊頑張ろうとしたら
討伐まで手が回らないと思うんよ
だから尻尾切って剥ぎ取って帰る
爪折って部位破壊報酬で貰う
そんな感じだな
あべるさん:なるほどね

自分:でもまぁ


自分:プレイヤースキル向上の為にも
討伐も成功させていきたいな
あべるさん:だな!^^

従来のモンハンとは全く違う戦い方をさせようとして実装されたベヒーモスは、やはりその仕様にのっとらなければ難易度が跳ね上がるモンスターでした
おかげさまでかなり苦戦を強いられてしまいましたが、そんな中で仕様の穴を探したり自分達の動きを突き詰めたり、久しぶりにガチで戦えてとても楽しかったです!

やっとクリアした割には二人とも余韻も何もあっさりとしていましたが、あれこれ試行錯誤している間が一番楽しいんだもんな、勝ちなんてそのおまけ
とはいえまだ安定しているとは言えないので、もう少し研究を続けてみるか!


あべるさん:ラストなんか
軽く行って終わるか
自分:うむ

という訳で、最後は久々の歴戦モンスター!
バゼルギウスを倒しに行きまして



あべるさん:なんだろう
この圧倒的な楽さ・・・
自分:動きがとろすぎる;

すっかり感覚が麻痺してしまいましたとさ
この記事にコメントする
お名前
コメント
パスワード

ツイート

ワイルドハーツ海賊団
©copyright 2018 Roard All Rights Reserved.