ワイルドハーツ海賊団 将来の夢は、漫画家かイラストレーターになる事だった。-後編  
ワイルドハーツ海賊団
前編はこちら


「これは全部自分で描いたのか?」



自分のデザインを見た担任は、クラス全員を就職させなければならないという使命に加えて、新たな厄介事が増えてしまった事に対して「くそう、くそう…!」と髪をかきむしりながら悶絶していた。
次の日から担任は、デザイン科に届いた求人の一部を貰ってきてくれるようになった。

放課後はデザイン科の教師と面談をする日々がしばらく続いた。
先の見通しが立たない多くの中小企業は門を固く閉ざしてしまい、いくら資格を持っていてもそもそも求人募集がない。
ここだと思った会社は一度落ちたぐらいでは諦めずに何度もアプローチを掛けて、再度面接をさせてもらった。それでも落ちてしまうのだが、後で人事の方が個人的に応援や励ましの電話をくれる事もあった。
長く辛い就職活動にようやく終止符が打たれたのは、卒業一ヶ月前のこと。


社会人になってからは、今度は理想と現実の違いを思い知らされる事になる。
もちろんすぐに思った通りの仕事が出来るとは思っていなかったが、開発側にデザインという概念をなかなか理解してもらう事が出来ず、あれこれ提案しても相手にしてもらえなかった。
本当に作りたいのはクライアントが求めるデザインなのに、気が付けば上司や営業の好みに合うかどうかで、デザインを描かされている。
自分が好きな事なら頑張れると信じて飛び込んだ世界は、好きであるが故の思いやこだわりを傷付けられながら葛藤し続ける毎日だった。

体の調子が悪くなるほど悩み、落ち込む事も少なくはなかった。
それでもほんの一握りの、自分のデザインで誰かが喜んでくれるその瞬間を糧に、他の業務をこなしながらチャンスが来るのを待ち続けていた。



それから数年が経った。
少しずつだが状況も変わり、会社が本格的にサイト制作の事業に乗り出してからは周囲のデザインに対する扱いは一変する。
割と自由にデザインさせてもらえるようになってからは自分の仕事も好調で、「またお客さんから一発OKもらったんだって?」と社長が嬉しそうに声を掛けてくる事もあった。

そんなある日、自分の仕事を見たクライアントから自分個人への仕事の依頼があった。
内容はアニメ風のポスターイラストの制作。会社の仕事ではないので自宅に帰ってからの作業だったが、趣味で描いていた絵を今は仕事で描いているのだと思うと、少し楽しかった。

自分が描いたポスターの反響は大きかったらしく、クライアントは大喜びで、大手玩具メーカーの社員が「すごいね」とポスターの写真を撮って帰っていった話をしてくれた。
それも恐縮だったが、何よりクライアントが望む以上の結果を出せた事が嬉しかった。相手の頭の中のイメージを引き出して、形にする。やっぱりこういう仕事が好きなんだな。

そしてこの日、自分が描いたイラストでお金を貰って
ふと、気が付く。




あの日諦めなかった選択肢が、いつか諦めた夢をひとつ叶えてくれていた事に。

この記事にコメントする
NAME:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シャロ江
お久しぶりです、返事をする屍シャロ江でございます!

子供の頃の夢はケーキ屋さんになりたかった、乙女ちっくな私でしたが、高校の時の部活の挫折で卒業すら危うかったけど←

卒業後は憧れだった所に就職するも、扱うのは機械ばかりで上司もクソミソカスで5年目の夏に辞めてやりましたとも!
ストレスで色々と病気を抱え込んでの酷い状態で(笑)

今はケーキ屋とは全く違う仕事をしとる私ですが、最近は個人的にケーキの注文がボチボチ入るようになってきましたよ。
知り合いのお店に出してもらったのがきっかけですが。

今の職場は副業○なので、シフトと相談しながら注文を受けている感じですよ~

その内、こじんまりですが自分の店を持てると良いなぁ…と、大昔(笑)の夢を叶えるために資金貯めているトコロデスヨ。

何度も諦めた夢ですが、やっぱり諦めきれず30手前でやっとこさ夢が叶いそうなカンジデスヨ。

職種は違えど夢を持つのは大切ですよね~。

現在、ガッツリ体調を崩しているので文章おかしいところは適当に脳内変換デお願いシマス。
2015/08/20(Thu) 22:56 編集
Roard
シャロ江さんこんにちは!

お久しぶりです!そしてお体が心配ですね…どうかご自愛下さい。
人生なんて稼いで食っていくだけで精一杯!今時夢を持つだなんて現実的じゃないと思っていた時期もありましたが、人生何があるか分からないものですね。
シャロ江さんも苦労されたそうで、しかし少しずつ夢が現実になりつつあるという事で応援しています!せりさんもおっしゃっていますが、とにかく体は大事ですよ!
変に考えすぎず、休める日はしっかり休んで下さいね。

いつもコメントありがとうございます!
2015/08/21(Fri) 18:47
C樽
私も昔はケーキ屋さんになりたかったなぁ。
でも、金属がぶつかり合う音が生理的にダメであきらめました。
そして次に目指した道も途中でダメになり
今はまったく畑の違う仕事をしてます。
趣味なのか、仕事なのか、プロ意識もってくれー!と
叫ぶ事の多い職業でございます(笑)

好きな事でも仕事にしてしまえば、楽しいことばかりじゃありません。
私的には稼げないと、仕事とは言えないと思ってますが
私の職業ではその辺が難しい、、

稼ぐ為の仕事なのか、自分のやりたい事(楽しい)を仕事にするのか
何歳になっても難しい事ですよねぇ


シャロ江 様
夢が叶いそうとのこと、おめでとうございます!
何をするにしても、身体は資本なので
ちょっとの無理はいいですが、自分を労る事も忘れずにいてくださいねー
 
2015/08/21(Fri) 16:30 編集
Roard
せりさんこんにちは!

>>好きな事でも仕事にしてしまえば、楽しいことばかりじゃありません
社会人になって痛感した事ですね。いっそ好きでも何でもない、事務的に出来ることならこんなに悩まずに済むのに、と思う事ばかりです。自分に向いている事を仕事に選んだ事は間違いだったとは思っていませんが、好きな事を仕事にすることが一概に正解だとは言い切れないんですよね。

なので今回の記事は別に、やりたい事を仕事にしたら成功しました!と言いたい訳ではないんです。たまたま不思議とこういう事がありましたって話なだけで、2~3年先はまたどうなるのかが分からないのが人生ですよね(笑)

いつもコメントありがとうございます!
2015/08/21(Fri) 19:00
copyright 2007 Wild Hearts Pirates All Rights Reserved.